出産しました

子育て

出産して1か月がたちました。
こんばんは。あさのゆかりです。

今、娘を抱きながらこの記事を書いています(*‘ω‘ *)

小さな命を抱えて幸せいっぱいな夜です。

突然ですが、赤ちゃんって、何も分からない真っ白な存在だと思いませんか?少なくとも、私はそう思っていました。でも、違うんです。生まれて育ててはじめて分かりました。

「見た目は赤ちゃん。心は大人。」

この子、しっかり意思がある。。。

お腹がすいたら泣きます。
眠たい時も泣きます。
イライラしたら泣きます。
とりあえず泣きます。

でもそこに意思を感じます。大人と対話しているときと同じ存在感があります。

なにを今更当たり前のことを言い出すんだコヤツは。。。と、思われるでしょう。私もそんなことは当たり前だと思ってました。

当たり前なのだけど、

「想像で分かる」と「実感として分かる」は違いました。

お母さんに抱っこしてほしい。
話しかけてあやしてほしい。
いつも気にかけてほしい。

泣くしか出来ないけれど、こんなに素直に要求を発信できるところに、たくましさを感じます。人には赤ちゃんのころから心があって、大切にされたい気持ちを泣いて表現していることや、赤ちゃんを見ていると、「愛されるために生まれてくる」というのが分かる気がします。赤ちゃんを見て、自分も生きているんだなと再確認できます。

また、つい最近まで、この子はお腹の中で繋がっていました。「繋がってたよね」と、赤ちゃんと自分に意識をむけると泣き止むことがあります。「心が読めるのではないか。。。」と、本気で思います。赤ちゃんに嘘は付けない。なんでもお見通し。そんなことさえ感じる不思議な存在です。

さて、希望がたくさん詰まった楽しい育児ライフで気づいたことについて書きましたが、楽しいことばかりではありません。2歳児と0歳児の育児は、大変なことがたくさんです。本当に世の中のお母さんを尊敬します。

自分のやりたいことが、やりたいように出来にくくなる育児。この1か月、辛いこともたくさんありました。(睡眠不足で、上の子と遊んで、家事をして・・・・)しかし、落ち着いて考えれば、子ども達との日々はとても楽しいです。過去に戻ってもう一度選択できても、子どものいる人生を選びます。何より、私は子育てがやりたい。子育てで自分が成長するのが分かります。

「お母さんだから」ではなく、あさのゆかりとして、子育てをする。それが私の仕事。このブログが、子育てに向き合った歴史になることを期待します。

asanoyukari

285 views

ピアノ講師。ピアノ教室を通して教育としての音楽を考える。0歳からの音楽会にピアニストとして携わる。大学は教育学部の野外教育を専攻。野外音楽会を企画中。興味の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。