人間流子育て術を知ってから変わったこと

子育て

おはようございます。
あさのゆかりです。

私が出産した病院では、退院前に「ママたちが緊急事態!?最新科学で迫るニッポンの子育て」というDVDを見ます。

(以前NHKで放送されたものです)その内容が良かったのでシェアしたいと思います。

子育ての不安はどこから来るの?

私もそうだったのですが「産後、孤独や不安を感じる。」というママ達は全体の7割いると言われています。

最近では、核家族で生活する人たちが増え、家事・育児を一人でやらなけらばいけないママたちが増えています。

しかし、一人でやるから不安なのだ!と思いきや、科学的にも不安を感じるように私たちの体はできているそうです。

 

私たち女性は、妊娠中に卵巣でエストロゲンというホルモンの分泌が活発になります。

それが出産後、急激に下がることで孤独や不安を感じるようになります。

つまり、ホルモンの影響で不安になるのです。

 

はっきり言って、迷惑な機能です。

ただでさえ育児が大変なのに、さらに不安になる仕組みは、現代の私たちにとって良いことはありません。

では、なぜこの仕組みが備わっているのでしょうか。

 

人類発展の歴史は子育てにある

私たち人間はこの不安になる機能と人間流の子育てで発展してきたそうです。

どういうことかというと、話はむかしむかしの700万年前にさかのぼります。

この700万年前というのは、人間とチンパンジーの分岐点です。

遠い祖先が人間とチンパンジーに分かれていくとき、子育てには明らかな違いが生まれました。

人間に最も近いチンパンジーは、5年間、付きっきりで育児をします。

しかし、人間は毎年、子どもを産めます。なぜ、産めるのかというと、みんなで育てるからです。

 

今も、太古の人類の生活をしている部族の暮らしは、生後3か月の赤ちゃんを他人に預けて仕事に行ったり、他のお母さんがお乳をあげるなど、他の子も自分の家族として暮らしています。

 

生まれて間もない赤ちゃんを他人に預けるのは人間だけ。

そして、この仕組みが多くの子孫を残し反映する決め手となったそうです。

このお母さんが不安になるのは、みんなを頼って、助け合って生きていくためだと考えられています。

不安になる機能は、一人で子育てをしないための大切な仕組みなのです。

 

人間流子育て術と核家族 -頼ってよいんだよ-

人間流の子育て術は、「みんなで育児をすること」

核家族はここ100年の文化で、長い年月をかけて獲得したものが急に変わることはできないそうです。

しかし、核家族の世帯が多いのも事実。

今回、そんなこと言ったって、やるしかないのよというお母さんに知って欲しい仕組みをお伝えしました。

 

私たち人間は、一人で育児するようには出来ていなかったんだよ。

それをやってる女性は自分のことをほめて良い。

そして、助けを求めることは適切な判断です。

「みんな一人でやってるから」とか思わなくて良いんです。

 

このDVDを見て、私は一人で育児をしなくて良いという裏付けのある理解に繋がりました。

そもそも、みんなでするように出来てるんだから、助けを求めて良いのです。

 

具体的な解決策ではないけれど、産後、不安な女性の心が少しでも楽になると嬉しいです。

ではどこに助けを求めるのか??は、今後、発信したいと思います。

 

今日もお疲れ様。育児が良い思い出になりますように。

asanoyukari

788 views

ピアノ講師。ピアノ教室を通して教育としての音楽を考える。0歳からの音楽会にピアニストとして携わる。大学は教育学部の野外教育を専攻。野外音楽会を企画中。興味の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。